ショットが安定するアドレス


「ミスショットを減らすにはどうすれば良いのか?」

ミスショットを減らすには
いくつかポイントがありますが、、、

中でも大切なのが「アドレス」

私が人にアドバイスを求められた時
最初にチェックするのはアドレスです。

自分が不調になった時に
最初にチェックするのもアドレスです。

良いアドレスが飛んで曲がらないショットの
必須条件です。

メルマガを読んでくれている熱心なあなたに
「アドレス」の重要性は言うまでもないですよね。

ただ、、、

どんなに上手い人でも本人が気づかないうちに
アドレスは徐々に変わるものです。

ということで、あなたの役にも立つと思いますので

「ショットが安定するアドレスの作り方」

をご紹介します。

ショットが安定するアドレスの作り方

(1)アドレスの問題はあらゆるミスショットの要因

アドレスの問題はあらゆるミスショットにつながります。

ダフリ、トップ、スライス、フック、シャンクなどの
原因になります。

前傾が起きるとトップやチョロになりやすいです。

前傾が起きて手元が浮くと、
スライスになりやすいです。

前傾が突っ込むとひっかけやダフリになります。

アドレスで前傾角度を正しく作れないと
あらゆるミスショットの要因になるわけです。

(2)ゴルフはアドレスに始まってアドレスに終わる

スイング時に前傾をキープできない
一番の原因は「アドレス」です。

「ゴルフはアドレスに始まってアドレスに終わる
長いゴルフ人生の中で私が得た結論である」

といったのは「プロより強いアマチュア」と称された
中部銀次郎です。

アドレスに問題があると
スイングでカバーすることになります。

アドレスの問題をスイングでカバーすると
無駄な動きが増えます。

無駄な動きが増えると
再現性が悪くなります。

飛距離も落ちます。

理想的なアドレスなら
スイングで微調整する必要がありません。

ボールをクラブの芯で打てるようになり、
ショットの再現性が高くなります。

ショットが安定し飛距離も伸びます。

「芯喰いアドレスの作り方」をこちらの記事で
ご紹介しています。参考になれば幸いです。

芯喰いアドレスの作り方(前傾と姿勢)

(3)アドレスでお腹に力を入れる

アドレスで作った前傾姿勢を
スイング中もキープするにはどうすれば良いのか?

アドレスでお腹に力をいれて、
スイングしてみて下さい。

前傾姿勢が安定します。

テークバックで伸び上がりを防止できます。

テークバックで腰が右に流れてしまうのを
防止できます。

吉本プロは「丹田に力を入れる」と表現しています。
(詳しくは「シングルゴルファーの方向性安定プログラム」を参照願います)

まとめ

ショットが安定するアドレスの作り方を
ご紹介しました。

どんなに上手い人でも
アドレスは徐々に変化します。

良いアドレスはゴルフ上達の必須条件です。

アドレスが良いとショットの再現性が高くなります。

ショットの再現性が高くなると
思い切りスイングが出来るようになります。

ショットが安定するだけでなく
飛距離もアップします。

参考になれば幸いです。