アプローチのミスを減らすノーコック打法

0dfb995e
もしあなたが「アプローチのミス」に悩んでいるなら
今回の記事が役に立つでしょう。

アプローチのミスを減らす
シンプルな方法をご紹介します。

ゴルフが上手い人は
「アプローチでコックを使わないようにしている」
ということに気づきました。

30ヤード以下の短いアプローチに有効です。

短いアプローチのミスを減らすには
「手首を固定してコックをしない」
という方法がオススメです。

アプローチをノーコックで打つと

・入射角が安定する
・打点が安定する
・大きなミスにならない

など、、、グリーン周りでの打数が減り
スコアアップが期待できます。

ということで今日は
「アプローチのミスを減らすノーコック打法」
をシェアします。

アプローチのミスを減らすノーコック打法

30ヤード以内の小さなアプローチで
ミスを減らす方法です。

(1)シャフトと左腕を一直線にする

ハンドファーストでアドレスします。

グリップは左ももの前。

アドレスで左肩、左手、ヘッドを一直線にします。

シャフトと左腕が一体になりスイング軌道が安定します

(2)体重は左に多めにかけて、体重移動をしない

体重は左に多めにかけます。

左6:右4くらいの体重配分です。

飛ばす必要がないので
スイング中に体重移動はしません。

体重移動をすると打点がずれやすくなります。

(3)手首を固定する(ノーコック)

手首を使わず肩の回転でクラブを上げます。

手首をガチガチに固めるというより
「手首を自分で動かそうとしない」
というイメージです。

クラブの重さがあるので
厳密にいうと手首の動きはあります。

「右手とクラブでできる角度を変えない」
という意識もオススメです。

(4)ホウキで掃くようにスイング

手首の動きをおさえて
肩の回転でスイングをします。

ホウキで掃くようにスイングすると
入射角が安定します。

まとめ

アプローチのミスを減らす
ノーコック打法をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・シャフトと左腕を一直線にする
・体重は左に多めにかけて、体重移動をしない
・手首を固定する(ノーコック)
・ホウキで掃くようにスイング

ノーコックの打ち方を覚えると
アプローチがとても簡単になります。

大きなミスが減ります。
距離感も作りやすいです。

もしあなたがアプローチでスコアを損しているなら

「ノーコックでアプローチ」を試してみませんか?

アプローチが簡単になり
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです。

追伸

アプローチの距離が30ヤードを超えて
大きくなるにしたがい徐々にコックをしても良いです。

コックを使うと飛距離を出しやすくなります。

コックを使わないと距離が出ない代わりに
打点と入射角が安定します。

距離の短いアプローチには
ノーコックが向いているわけです。

追伸2

トム・カイトや、ベンクレショーを育てた
伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニックは

「ショートゲームの練習こそスコアを5つ縮める方法」

と言っています。

アプローチの練習にスコアアップの近道があります。

応援しています。

成功事例

西田さんはアプローチのシャンク、トップに
悩んでいました。

ある方法を試したところ
グリーン周りからピンに寄るようになり
2回目のラウンドでベストスコアを更新されました。

その方法とは?

2回目のラウンドでベストスコアを更新したアプローチ上達法